ディーラーローン 審査

ディーラーローンの審査を知れば利用のしやすさが分かる

銀行マイカーローンと比べたデメリットや欠点

審査が通りやすく手続きも簡単なディーラーローンは、多くの人が利用しています。しかし、ディーラーローンにはデメリットもあります。金利が高くなりがちだというデメリットは、支払総額に大きな影響を与えます。

 

例えば中古車の場合、ディーラーローンの金利は特に高くなります。新車と中古車では、車両本体価格の利益が大きく変わってきます。中古車を売る時には様々な手数料で稼いでいかないと利益が出ないので、ローンの金利手数料も重要な収入源となります。

 

その為、中古車のディーラーローンでは、金利8.0%以上になる場合もあります。もしも100万円の中古車を金利8.0%の5年ローンで支払う場合、金利手数料だけで21万円以上かかります。しかし、金利3.0%のマイカーローンを探せば、金利手数料は8万円程度まで下がります。もしも100万円の車の購入のために121万円払えと言われれば、誰でも割高だと感じるのではないでしょうか。

 

ただし、ディーラーローンでも低金利で借りられる場合はあります。キャンペーンなどで特別金利が適用されれば、銀行顔負けの低金利で借りられる場合もあります。つまり、ディーラーローンだからいい悪いというわけではなく、適用される金利には注目すべきなのです。低金利で借りられればメリットが大きいですが、もしも金利が高ければ、他のマイカーローンも検討すべきかもしれません。

 

他のマイカーローンとなると候補にあがるのが銀行で、低金利で借りられる銀行のマイカーローンなら返済負担を軽くした利用を可能としてくれます。低金利で借りるマイカーローン情報に関してはhttp://xn--ecko5mkc4a4cb7261jdgyc.jp/で詳しく書かれているので、選ぶ際の参考にしてみると良いでしょう。