ディーラーローン 審査

ディーラーローンの審査を知れば利用のしやすさが分かる

ディーラーローンの審査は通りやすいのか

車をローンで購入する時のマイカーローンですが、ディーラーローンは審査に通りやすいと言われています。これからローンを組んで車を購入しようという人にとって、審査に落ちてしまうと購入が困難になってしまいます。

 

その為、審査が通りやすいのが本当かどうかは気になる所ではないでしょうか。実際ディーラーローンは、比較的審査に通りやすいと言われていますがきちんと理由があります。

 

ディーラーローンを使う

 

車の所有権が自分にない

ディーラーローンと呼ばれていますが、実際に貸付けを行っているのはディーラーではありません。ディーラーは信販会社のローンを斡旋している立場となります。実際に貸付けを行うのは信販会社です。

 

信販会社のマイカーローンでは、ローン支払いが完了するまで所有権は信販会社にあります。ローン支払途中で問題があった場合、例えばローンを何カ月も滞納するなどの場合に、車を売却してローン未払いの補填をするためです。もちろん普通にローンを払い続けていれば特に問題はありません。

 

むしろ、信販会社からすれば、ローンの支払いが滞った時の担保がある分、積極的に融資を行えます。結果として担保がないマイカーローンと比べると審査は通りやすくなります

 

ディーラーの協力がある

もしも審査に落ちてしまったとしても、その理由が分かるとは限りません。審査基準というものは一般に公開されるものではないので、審査落ちの理由を問い合わせても教えてくれるとは限らないのです。

 

しかしディーラーローンの場合には、審査落ちしても代替案を出してくれる可能性があります。ディーラーからすれば、審査落ちしてしまうとローンが組めなくなり、せっかくの成約が無駄になってしまう可能性があります。その為、審査を通すために色々と考えます。

 

こちらとしては頻繁に行うわけではないマイカーローンの審査ですが、ディーラーからすれば日常的に行っているものです。通すためのノウハウもあり、こちらで考えるよりも余程頼りになります。

 

代替案の例としては、保証人を付けてもらう、車の買取価格を上げる、グレードを落す、頭金を増やすなどがあります。

 

ローンの金利が高い

ディーラーローンは審査の面では優秀と言われていますが、その分金利は高めに設定されています。金利が高いローンは嫌われますが、デメリットばかりではありません。
金利が低いローンはその分審査も厳しくなります。審査の面を考えると、金利が高い方が安心という見方もできます。

 

ディーラーローンでも審査に落ちる

ディーラーローンの審査が通りやすいと言われている理由を挙げてきましたが、それでも審査に落ちる場合はあります。絶対の評価基準というものは存在しませんが、審査に落ちる人の傾向というものは存在します。

 

年収については、特に高収入である必要はありません。マイカーローンは一般の人が普通に利用するローンなので、高いステータスも求められません。ただし、年収200万円に満たない場合には、審査に落ちる、もしくは保証人を求められる場合があります。フリーターや派遣社員でも審査に通る人はいますが、正社員と比べると不利になります。

 

他でのローン利用が多い場合には注意

しかし、それよりも問題になりそうなのが、他社の借入れ状況です。複数社でカードローン契約をしている人、すでに複数のマイカーローンを組んでいる人の場合、それが原因で審査落ちしてしまう場合があります。

 

また、他社の借入れ状況については、過去の支払い履歴も審査に影響を与えます。例えばクレジットカードを未払いで強制解約になった人、カードローンの支払いが度々遅れている人などは、それが原因で審査に落ちる可能性があります。

 

逆にローン履歴関連に問題がなければ、ディーラーローンはもちろん、銀行のマイカーローンの審査も通りやすいです。

 

銀行のマイカーローンは審査が厳しくなりますが、しっかりとした収入と他社での借金も多くないのであれば、十分に利用ができる可能性はあります。借りられるなら銀行のマイカーローンのほうが金利条件などに優れるために良いので、ディーラーローンで決める前に銀行マイカーローンに関しても見ておくと良いです。

 

借りられるか不安に感じる方は銀行で借りるための審査に関する基準をhttp://www.mycarloan-rate.jp/kihon/shinsa.htmlで確認し、自身の状況的に借りられるかを判断するのも悪くはありません。

 

いくら低金利で好条件であっても、申込みをして審査に通らないことには意味がないので、銀行マイカーローンを利用する際には審査基準に関しては予めある程度は知っておくと手続きもスムーズに進むようになります。